前回の続きのお話で今回は肩のメニューです。

これも某有名トレーナーが肩には「インクライン・サイドレイズがいい」と言っていました。

インクラインサイドレイズ_Moment

理論上この種目が肩の発達に良いのは事実だと思いますが、これやはり初心者には難しいです。

教科書に一般的に掲載されているのは普通のサイドレイズなのですが…

シーテッドサイドレイズ_Moment
このサイドレイズ自体も結構難しいのです。

肩に効かせながらダンベルを横に上げる動作がなかなかできないことが多いもの。
つい最近も当ジムの会員さんにサイドレイズを教えたのですが、一発ではできませんでした。
人がやってるのみると簡単そうなんですけどね。

ちなみにYouTubeではこういった基本種目よりもマニアックな種目が紹介されていることが多いです。

その理由は単純に再生回数を増やしたいため。

基本種目をYouTubeにあげたって誰も見やしないですね。

それよりも「見たことない」「経験したことない」種目の方が皆さんこぞって見て真似しようとします。

しかも基礎基本を知らない初心者ほどその術にはまりやすい。

筋肉を少しでも早くつけたいという意識が働き、近道をしようとしてしまうのでしょう。

筋トレに限らず勉強でも他のスポーツでも、多くの成功者が基礎基本を徹底してやり込んだというのはよく耳にします。

基礎的な解剖学や生理学を知らずに、または筋トレの基本種目もやらずして、YouTubeで「効果的な種目と紹介されていたから」といって、ついそちらに興味がいってしまうと、基本ができてないまま応用を勉強している状態なので、果たしてどちらが近道か?という状況に陥っています。

肩の基本種目としてオススメなのはまずはバーベルでのバックプレス。

バックプレス_Moment
肩が硬くてうまくできない場合はフロントプレスでもかまいません。

フロントプレス_Moment
本当はダンベルショルダープレスがよく肩に効くのですが、

前々回のブログ(http://akabane-tc.blog.jp/archives/6409160.html)に書いたように、ダンベルだと最初は軌道が安定しませんからね。

サイドレイズはもう少し後で覚えても遅くはありません。

YouTubeで勉強して自己流でやっているけどなかなか筋トレの成果が出ていない方。

ぜひ赤羽トレーニングセンターへ。

続く。。