312日(金)退院後、筑波大学付属病院に8回目の外来。

今回の尿検査から尿たんぱくをみてみると、

扁摘パルス療法前は、おおよそ0.680.86(尿量:1,800)=0.0370.047

退院後の1回目の外来時は0.65(尿量:1,700)=0.038

2回目の外来は0.31(尿量:2,200)=0.014

3回目は0.36(尿量:2,400)=0.015

4回目は0.30(尿量:1,450)=0.021

5回目は0.11(尿量:2200)=0.005

7回目は0.25(尿量:1950)=0.012

今回は0.10(尿量:1450)=0.007

潜血はなし。

プレドニンの処方がなくなり、はじめての外来でしたが、尿たんぱく減りました。

治療経過は順当でしょう。

この冬は風邪をひいてないのが大きいですね。

新型コロナ感染対策により、普通の風邪も流行ってない感じがします。

そして今年は花粉症の症状が出るか出ないかの勝負の年!

昨年は花粉症の症状が出なかったのだが、これが扁桃を摘出したからなのか、プレドニンの影響なのかがわからなかった。

今年は!

花粉症の症状出ました

昨年出なかったのはプレドニンの影響でしたね。

花粉症が治ったことを期待しましたが残念。

ただ症状は例年より軽い感じがします。

これが扁桃とったからなのか、今年は花粉の飛散する量が少ないからなのかはわかりません。

また来年以降検討します。

元々花粉症の薬も飲んだことなく、症状はそれほどひどくないんですけどね。

帰りには土浦方面まで出向いてステーキ丼を食べてつくばグルメを楽しんできました。
DSC_2215

霜降牛ステーキ千 | つくば下広岡交差点そば[霜降牛ステーキ千] (steak-sen.com)

次回の外来は6月の予定です。
続く。。

にほんブログ村 病気ブログ IgA腎症へ
にほんブログ村